フェレットの症例ブログ

BLOG

2017.03.06更新

2017.3.15(水)から2017.3.31(金)までェレットさんの健康診断キャンペーンを行いますpad

 

flower2健康チェックflower2

★身体一般検査

①視診、聴診、触診などの五感を使った検査で健康状態を評価します。
(皮膚病、心臓病などの病気がわかります。)
②一緒に検査の様子を見ていただきながら、日常で観察するポイントをお伝えします。 (病気の早期発見につながります)

★耳の検査・処置

①フェレットで耳のかゆみの原因となる耳ダニをチェックします。
②フェレットは皮脂が多く、耳も汚れやすい動物です。耳の状態の確認と掃除をします。

★爪切り
☆フェレットの爪は伸びるのが早いです。
長くなった爪は、引っ掛けることで怪我の原因となります。

●尿検査(希望される方のみ)
☆こんなことがわかります。
①細菌感染、血尿、結晶の有無などの異常を確認できます。
②膀胱炎の可能性がないかを評価します。
③簡易的な腎機能の評価ができます。
*新鮮尿(できれば採取して2時間以内の尿)をお持ちください。
●糞便検査(希望される方のみ)
☆こんなことがわかります。
①外観の異常(便の大きさ、硬さ)はないか確認します。
②腸内細菌のバランスは正常か、悪玉菌は多くないか評価します。
③寄生虫はいないか確認します。
※特に若い個体はまだ免疫力がしっかりしていないので、お腹の細菌のバランスが崩れやすく、寄生虫がいることもあります。
・異常が見つかった場合は検査や治療を優先いたします。
費用は別途かかります。

flower料金flower

初診 通常¥4000→キャンペーン¥2000

再診 通常¥3100→キャンペーン¥1000

検便 通常¥1600→キャンペーン¥500

検尿 通常¥1200→キャンペーン¥500

*検便・検尿をご希望の方は、ご持参ください。

なお、便はティッシュにくるまず袋にそのまま入れてお持ちください。

フェレットは一年に9歳も年をとる体の変化が早い動物ですpad
特に3歳を過ぎると人年齢で50~60歳となり、病気になることが多くなっていきます汗
通常の生活では気付かず、見落としてしまう病気のサインが送られているかもしれません。
日常において「高齢になって健康状態が気になる」・「一度この子の状態を知っておきたい」などをお考えの飼主様は、この機会に是非一度スタッフにご相談くださいglitter

投稿者: 天白動物病院

2016.11.01更新

2016.11.15(火)から2016.11.30(水)までフェレットさんの健康診断キャンペーンを行います!

詳しくはこちらをご覧ください。

投稿者: 天白動物病院

2016.11.01更新

2016.11.15(火)~2016.11.30(水)に、フェレットさんの健康診断を行いますflower2

 

flower健康チェックflower

★身体一般検査

①視診、聴診、触診などの五感を使った検査で健康状態を評価します。
(皮膚病、心臓病などの病気がわかります。)
②一緒に検査の様子を見ていただきながら、日常で観察するポイントをお伝えします。 (病気の早期発見につながります)

★耳の検査・処置

①フェレットで耳のかゆみの原因となる耳ダニをチェックします。
②フェレットは皮脂が多く、耳も汚れやすい動物です。耳の状態の確認と掃除をします。

★爪切り
☆フェレットの爪は伸びるのが早いです。
長くなった爪は、引っ掛けることで怪我の原因となります。

尿検査(希望される方のみ)
☆こんなことがわかります。
①細菌感染、血尿、結晶の有無などの異常を確認できます。
②膀胱炎の可能性がないかを評価します。
③簡易的な腎機能の評価ができます。
*新鮮尿(できれば採取して2時間以内の尿)をお持ちください。
糞便検査(希望される方のみ
☆こんなことがわかります。
①外観の異常(便の大きさ、硬さ)はないか確認します。
②腸内細菌のバランスは正常か、悪玉菌は多くないか評価します。
③寄生虫はいないか確認します。
※特に若い個体はまだ免疫力がしっかりしていないので、お腹の細菌のバランスが崩れやすく、寄生虫がいることもあります。
異常が見つかった場合は検査や治療を優先いたします。
費用は別途かかります。

pad料金pad

初診 通常¥4000→キャンペーン¥2000

再診 通常¥3100→キャンペーン¥1000

検便 通常¥1600→キャンペーン¥500

検尿 通常¥1200→キャンペーン¥500

*検便・検尿をご希望の方は、ご持参ください。

なお、便はティッシュにくるまず袋にそのまま入れてお持ちください。

フェレットは一年に9歳も年をとる体の変化が早い動物ですpad
特に3歳を過ぎると人年齢で50~60歳となり、病気になることが多くなっていきます汗
通常の生活では気付かず、見落としてしまう病気のサインが送られているかもしれませんnnn
日常において「高齢になって健康状態が気になる」・「一度この子の状態を知っておきたい」などをお考えの飼主様は、この機会に是非一度スタッフにご相談くださいglitter

 

投稿者: 天白動物病院

2015.02.04更新

フェレットさんのしっぽは皮脂が多く汚れやすいのが特徴ですにゃん

tateharadaiki mae.JPG

tateharadaiki mae (2).JPG

写真の子はひどい脂やけを起こしてしまい地肌が赤くただれて
しまいましたしくしく
このようなひどい状態になった場合には
積極的な治療を行わなければなりませんしゅん
予防としては、皮脂汚れの強いしっぽだけでも
定期的にシャンプーをしてあげることが大切ですペタ
フェレットの飼い主さんは普段細かくみないところなので
気を付けてあげてくださいねにこにこ

飼い主さんの積極的なスキンケアと投薬できれいになりました。
がんばったねいひひ




taterahadaiki ato.JPG


投稿者: 天白動物病院

2011.09.14更新

食道拡張症という病気をご存じですか?
わんちゃんやねこちゃんもなる病気ですが、今回は当院の特徴でもある
フェレットさんの症例をご紹介したいと思いますshine

mobaq 食道拡張症とはどんな病気?
食道閉塞や神経障害により、食道の拡張や低運動となる病気です。
食物と水の吐出、嚥下困難、嘔気など見られ、まともにご飯を
食べることができなくなります。

治療で大切なのは、ご飯を食べさせたあと食道に、ご飯たまらないようにしばらく
立たせておくことです。しかし、フェレットさんは、なかなかじっとしてくれませんsweat01
そこでみんなで、いろいろ考えて院長の奥さんにも協力してもらい完成したのが、
このフェレット袋ですhairsalon
 筒状になっいています。

この、袋に入れて立たせていれば、長時間じっとしてくれますし、私たち
看護婦も両手があくので、簡単な作業ができるようになりました。
今では、食道拡張症の治療の一風景として定着していますribbon

 洗い物もできます。

食道拡張症は、初期では内服薬や注射治療と食事管理で症状は緩和され
コントロールが可能です。
しかし、進行してくるとご飯は食べたいけど、食道にたまってしまい気持ち悪くて
吐いてしまいますsad
以前、当院の治療でカテーテルから直接胃にご飯を入れてあげることで
長期間がんばってくれた子もいました。
食道拡張症の進行を遅らすには、早期の発見が重要ですsign01

このような症状がある子は、一度獣医さんに相談しましょう。
・ご飯を食べた後に嘔吐してしまう。
・ご飯を食べた後に、喉から胸の辺りからグブグブと音がする。


投稿者: 天白動物病院

2011.08.14更新

フェレットの副腎疾患の症状で、一番飼い主さんが
わかりやすいのが、脱毛だと思います。
今回は、術後や注射での治療後、劇的に発毛した子をご紹介したいと思いますhappy01

 全身脱毛で、来院。リュウプリン注射開始。
     updown
 1ヶ月後、発毛してきました。



  脱毛と食欲不振で来院。
      updown                  左副腎摘出手術。
 発毛してきました。
      updown
 つるつるだったのに、みちがえるほどふさふさになりましたscissors

詳しい副腎疾患については、フェレットの病気をご覧ください。

投稿者: 天白動物病院

2011.04.15更新

当院では、フェレットの副腎疾患の子の定期検査をおこなっています。
血液検査・レントゲン・超音波検査など。
フェレットは、1年で9歳年をとってしまうので定期的な検査が重要になります。
そんな定期検査で、あるフェレットさんが先日検査をしました。
状態は落ち着いていて、元気。少し前からうんちがゆるけど、薬をもらったら
だいぶ落ちついたとのことでしたpig

検査を進めていくと、あれ!?胃になにかある・・・wobbly
超音波でみてもあきらかになにか異物があるようなので、そのまま
バリウム検査をすることに。
しっかり、毛玉らしきものがうつりましたsweat01


飼い主さんと相談した結果、翌日手術することに。
これが、手術で取り出した毛玉です。

  

当院でも、何度も毛玉を取り出しましたが、こんなに大きな毛玉は初めてですcoldsweats02
胃の八割毛玉というなか、よく今までご飯食べれていたなぁ。
手術後の経過もよく、もうすぐ退院予定ですup

胃の中にあるうちは、あまり症状がでないのでみなさんも
毛がよくぬける時期はしっかりとブラッシングをしてあげて下さいねvirgo
また、うんちの中に毛が多くみられる場合はキャットラックなどの
潤滑剤を定期的になめさせましょう(詳しくはスタッフまで)


投稿者: 天白動物病院

天白動物病院 お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日天白動物病院 ご予約・お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日