うさぎの病気

RABBIT

うさぎの症例のご紹介

最近多いうさぎちゃんの症例や関連記事などをご紹介します。
あなたのうさぎちゃんの体調は大丈夫ですか?
気になることがあったらぜひご相談くださいね

うさぎを飼う際の注意点

ウサギは犬や猫と比べると、あまりなつかないというイメージがありますが、一緒に暮らしてみると意外に感情表現が豊かなのにビックリしてしまいます。怒ったり甘えたり…かわいいです。うさぎは非常にデリケートな動物です。

小さな変化で食欲をなくしたり、ストレスから下痢をしたりします。
また、うさぎの歯は前歯も奥歯も一生伸び続けます。うさぎの性格や病気を飼い主様がご理解した上で家族の一員として病気を予防・治療していきましょう。

うさぎさんの来院時の注意事項は、こちらをご覧下さい

うさぎに多い病気

臼歯過長症

臼歯(奥歯)が正常にかみ合わなくなって、歯が磨耗できずに伸びすぎてしまう病気です。
食欲が落ち、ヨダレが出て、歯ぎしりするようになります。こういう症状が出たら病院で歯を削ってもらいます。

予防方法

餌のチモシー(牧草)を常に与えます。臼歯は食べ物をすりつぶすことで正常にすり減ります。
歯がしっかりすり減るように繊維質の多いチモシーを与えましょう。

切歯過長症

 前歯(切歯)が伸び、口腔内を傷つけてしまう、えさをこぼしてしまうなどの症状が見られます。

予防方法

咬み木や咬み石を与え、前歯(切歯)に日頃から摩擦を与えましょう。

ほっぺや喉が膨らむ~顔面腫瘍~

うさぎの顔面、特に下顎、頬、目の下などがぽっこり膨らんでいませんか?これらは膿を封じ込めた病巣の可能性があります。
これらの大半は歯のトラブルに伴うもので歯の根っこの異常な伸びや歯周炎が原因で歯の根っこの周囲が細菌に侵されたり、異常に伸びた歯冠で傷ついた口腔粘膜から細菌が侵入することで膿作る巣(=病巣)を作ってしまいます。

  • 顔面の腫れ・膿が出ている
  • 部位によってはくしゃみ、鼻汁、呼吸障害、眼球の突出などをともないます。

くしゃみや、鼻水がでる~スナッフル~

うさぎの細菌感染が原因で、副鼻腔炎や気管支炎をが起こる症状を総称したものをスナッフルといいます。
くしゃみや鼻水を垂らしだしたらスナッフルを疑ってください。症状が進行すると鼻腔内に膿が溜まり、鼻呼吸がスムーズに行えず多大なストレスを抱えてしまします。初期症状が出たらすぐに動物病院を受診しましょう。

  • 前足の内側の被毛がゴワゴワの状態になっている(前足で鼻を拭くためです)
  • 咳や呼吸の度にグシュグシュ、ズーズーといった音が聞こえる
  • 鼻の周りの汚れ
  • 結膜炎・涙を流す

おしっこが出にくい~尿石症~

尿石症がウサギに多く見られる病気です。カルシウムの含量が高すぎる食事を続けていると、尿にカルシウムの小さな結晶が過剰に含まれている状態(高カルシウム尿症)となります。これに尿が排出されにくくなる他の要因や完成などが重なり、尿路に結石ができると考えられています。

  • 元気、食欲が無い
  • 歯ぎしりをする
  • 血尿
  • まったく尿が出ない
  • 腹部の皮膚が尿でただれている

首をかしげて転倒する~斜頚~

首が左右どちらかに傾く症状を斜頚と言います(病気の名前ではありません)
考えられる原因は、 中耳、内耳感染 、てんかん様発作(脳血管障害)、 外傷、 腫瘍(新生物)、 頚部の筋肉の攣縮、 微胞子虫症、 脳内幼虫移行症、 中毒があります。
この症状は介護を必要とする場合もあります。まずは獣医にご相談下さい。

  • 目や頭が揺れる
  • 姿勢のバランスを崩す
  • 繰り返し転倒する
天白動物病院 お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日天白動物病院 ご予約・お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日