ペットの健康診断

MEDICAL CHECKUP

ペットの健康診断は定期的に受けていますか?

高齢になると、一見元気そうでも、病気が潜んでいることも。
犬、猫は1年で4.5歳、フェレットはなんと9歳も歳をとるといわれています。
私達が人間ドックに行くように、大切なペットも病気の早期発見の為にも、
定期的な健康診断をお勧めします。ここでは、当院でおこなっている検査についてご紹介します。

♪身体一般検査とは♪
獣医師の五感を使う検査です。機器に頼りすぎないように、ベースとなる重要な検査の一つです。
(おこってしまう子などは、難しいこともありますので、飼い主さんとのコミュニケーションも必要です。)

問診

動物は、ものが言えませんので、飼い主さんの観察とコミニケーション協力が重要になってきます。
ペットの生活状況・環境・症状などをお聴きします。

視診(身体一般検査)

体全体を視て、対称性や姿勢、分泌物がないかなどみています。
目・耳・口の中(歯石や乳歯の状態)や皮膚の状態をみます。

聴診(身体一般検査)

心音やその調律、呼吸音を聴いたり心拍に異常がないか調べます。
また、腹部聴診では消化管が発生する音を聴きます。

触診(身体一般検査)

体全体をさわって、腫瘍などのしこりはないか、体表のリンパの腫れをみます。
胸部/心拍と合わせて心臓の調律、脈圧をみます。
腹部/肝臓の腫れや腸のガス、宿便の状態などをみます。
四肢/むくみや腫れ、反射状態などをみます。

検尿

腎臓や泌尿器の異常を、水和状態などで検査し、結晶や細菌、赤血球などがないか顕微鏡で調べます。糖尿病・黄疸の早期発見になったり、全身状態を知る上でも大切な検査です。

検便

寄生虫の有無や消化管の健康状態をみます。

血液検査(血球検査)CBC

赤血球・白血球・血小板などの数や状態を調べるものです。

生化学検査

血中の酵素や生化学物質の数値から、肝臓や腎臓、代謝器病などの病気をみつけることができます。

レントゲン検査

体内を写しとって、骨や関節の状態、心臓や肝臓、腎臓などに変化がないかなどをみます。また、腫瘍などの影がないか、消化管の状態もみます。

超音波検査

レントゲン検査では判断しにくい各臓器(心臓・肝・腎・副腎など)の内部構造や機能異常をみることができます。また、カラードプラー機能により血液の流れもみることができます。

内視鏡検査

0.7ミリの小さなカメラをいれて、食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管の状態を調べることができます。

心電図

不整脈、頻脈、除脈の診断に使用します。

天白動物病院 お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日天白動物病院 ご予約・お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日