フィラリア予防

FILARIA

フィラリア予防

フィラリアの症状

目に見える症状が出てくるのに数年かかります。しかし、体の中ではいろいろな変化が起こり致死的な結果をまねくおそろしい病気です。

下記のような症状はありませんか?今一度、ペットを見てみましょう。

症状チェック

  • ゼーゼーした咳をする
  • 貧血気味になってきた
  • 痩せてきた
  • 腹囲が大きくなってきた(腹水)
  • 運動を嫌がる
  • 失神することがある

フィラリア予防について

フィラリアは予防法が確立しており、蚊の発生時期に月に1回の家庭での投薬または獣医師による年に1回の注射で予防ができます。

投薬の場合、当院では12月中旬まで毎月1回の投与をオススメしております。

注射を打つ際は、ワンちゃんの既往歴や体調、フィラリアに感染していないかをチェックし獣医師が実施可能か判断いたします。

注射希望の飼主様は、事前にご連絡ください。
愛犬と家族の方に合った予防方法をご選択ください。
詳細については、獣医師にお気軽にご相談ください。

飲み薬での予防方法

粉薬や美味しいりジャーキーにお薬を入れたものもあります。
これならワンちゃんにも無理なく予防が続けられますね♪

フィラリア予防の飲み薬料金

体重 費用
1~6kg  500円
7~10kg  600円
11~20kg  700円
21kg~30kg 800円
31.5kg~45.3kg 1000円 
45.4kg 1200円

ワクチン感覚で年に1回注射するだけでフィラリアの予防を可能にする新しい方法を取り入れました。

当院では従来通り、月一回飼主様が愛犬に予防薬を飲ませていただく方法に加え、ワクチン感覚で年に1回注射するだけでフィラリアの予防を可能にする新しい方法を選択していただけるようになりました。

もちろん、従来通りの飲み薬による予防も行っております。
愛犬と家族の方に合った予防方法をご選択ください。

注射のフィラリア予防はこんな特徴があります。

  • 1回の注射だけで1年間フィラリアを予防します
  • 注射で行うため確実に投与できます
  • 毎月の投与のわずらわしさから解放され、飲ませ忘れがなくなります
  • いつからでもフィラリア予防が始められます
  • フィラリアシーズンの混雑を避けるように、注射の時期を設定できます
  • 海外で10年以上使用され国内でも安全が確認されています

こんなことでお困りの飼主様にお勧めです。

こんなことでお困りの飼主様にお勧めです。

  • 投薬予定日を過ぎて投薬することがある
  • その月に投与したつもりであったが、忘れていた
  • いつまで薬を飲ませればいいか、わかりにくい
  • 体調を崩し、薬が飲ませられないことがあった
  • なかなか薬を飲んでくれない
  • 薬を吐き出してしまう

注射を打つ際は、ワンちゃんの既往歴や体調、フィラリアに感染していないかをチェックし獣医師が実施可能か判断いたします。
注射希望の飼主様は、事前にご連絡ください。
愛犬と家族の方に合った予防方法をご選択ください。詳細については、当院へお気軽にご相談ください。

※1か月あたりのご料金です。
※上記に処方料 500円が加算されます。ご不明点等ございましたらスタッフまでお気軽にお尋ねください。
※お薬の種類は、錠剤、粉、ジャーキータイプ、注射タイプがあります。

天白動物病院 お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日天白動物病院 ご予約・お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日