うさぎの症例ブログ

BLOG

2013.01.29更新

先日、他院からの紹介で来院されたうさぎさんの症例をご紹介したいと
思います hospital

1ヶ月前から、徐々にお腹がはってきたうさぎのクッキーちゃん。
元気食欲はあるのですが、お腹がパンパンになってきたとのことsweat01
超音波検査で、お腹をみたところ9割ほど液体貯留像で詳細な情報は
得られませんでした。
しかし、明らかにお腹の中の異常が確認でき未避妊で子宮卵巣に問題が
起きている可能性も考えられたため、飼い主さんに手術を勧め次の日に
実施することになりました。

これが、手術で取り出した卵巣子宮です。
なんと、600gもありました。
 手術前、1.7kg→術後、1.2kg

術後の経過もよく今では、食欲も上がり落ち着いていますhappy01
病理の結果は「子宮蓄水症」で、卵巣・子宮に異常はなく摘出してしまえば、
その後の健康には心配はないそうです。

お腹が大きくなる場合、内臓脂肪がついてきて、太ってきたということもありますが
急激な変化は病気がからんでいることが多いです。
特に避妊していないメスのうさぎさんはご注意下さいsign01

投稿者: 天白動物病院

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

天白動物病院 お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日天白動物病院 ご予約・お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日