フェレットの症例ブログ

BLOG

2011.09.14更新

食道拡張症という病気をご存じですか?
わんちゃんやねこちゃんもなる病気ですが、今回は当院の特徴でもある
フェレットさんの症例をご紹介したいと思いますshine

mobaq 食道拡張症とはどんな病気?
食道閉塞や神経障害により、食道の拡張や低運動となる病気です。
食物と水の吐出、嚥下困難、嘔気など見られ、まともにご飯を
食べることができなくなります。

治療で大切なのは、ご飯を食べさせたあと食道に、ご飯たまらないようにしばらく
立たせておくことです。しかし、フェレットさんは、なかなかじっとしてくれませんsweat01
そこでみんなで、いろいろ考えて院長の奥さんにも協力してもらい完成したのが、
このフェレット袋ですhairsalon
 筒状になっいています。

この、袋に入れて立たせていれば、長時間じっとしてくれますし、私たち
看護婦も両手があくので、簡単な作業ができるようになりました。
今では、食道拡張症の治療の一風景として定着していますribbon

 洗い物もできます。

食道拡張症は、初期では内服薬や注射治療と食事管理で症状は緩和され
コントロールが可能です。
しかし、進行してくるとご飯は食べたいけど、食道にたまってしまい気持ち悪くて
吐いてしまいますsad
以前、当院の治療でカテーテルから直接胃にご飯を入れてあげることで
長期間がんばってくれた子もいました。
食道拡張症の進行を遅らすには、早期の発見が重要ですsign01

このような症状がある子は、一度獣医さんに相談しましょう。
・ご飯を食べた後に嘔吐してしまう。
・ご飯を食べた後に、喉から胸の辺りからグブグブと音がする。


投稿者: 天白動物病院

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

天白動物病院 お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日天白動物病院 ご予約・お問い合わせTel.052-801-4311 受付時間(平日)AM9:00~11:30/PM5:00~7:30 (土曜)AM9:00~11:30 休診日 土曜午後、 日曜、祝日